布団の選び方

 

睡眠の質を高める理由

私たちは睡眠の重要さを本能的、経験的に知っています。ぐっすり眠った後のスッキリ感は誰でも経験した事があるはずです。眠りには、静養効果、元気回復効果があります。決まった睡眠時間でこれらの効果を最大限に得るには、睡眠の質を高めなければなりません。 睡眠の質を高めるためには、「寝室の環境」、「寝具の環境」、「精神的な安定」が欠かせませんが、等サイトでは、「布団の環境」について解説していきます。

寝具に必要とされる条件

保温性...睡眠中は運動機能が低下すので、身体の体温も低下します。起きている時に服をきているよりも暖かく保つ必要があります。服を着たままでうたた寝をして、喉が痛くなった、風邪をひいてしまったという話はよく聞きます。つまり寝具には保温性が要求されるのです。

 

吸湿性・透湿性・放湿性...睡眠中は体温調整などで、発汗しやすい状況になっています。特に子供や男性は汗っかきなので、身体に直接触れる部分は、十分な吸湿性が要求されます。しかし、身体に直接触れる部分が濡れたままではいけませんので、水分を移行させる透湿性、その水分を空気中に発散させる放湿性も求められます。

 

掛け布団の軽さ...睡眠中に、体重によって押さえられている部位を解放して血行をよくしたり、暑い部位に外気を送って冷やしたりするために、数10回もの寝返り運動をしています。重い掛け布団は、身体に負担をかけ寝返りのたびに睡眠を浅くさせてしまいます。

 

掛け布団のドレープ性...掛け布団が硬いと、身体との間にすき間ができて内部の温度を逃がしてしまいます。柔らかく垂れ下がってくる事が求められます。

 

敷き布団の硬さ...柔らかすぎて身体が沈み込む状態にあると寝返りを打つ事が困難になります。逆に硬すぎると背中が痛くなります。硬いわたが芯になっていて、その周りをソフトなわたが巻いてあるような3層構造が理想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しい シーツ羽毛 布団布団 通販羽毛布団 選び方キングサイズ 羽毛布団